*

僕が生まれた年、生まれ変わった年にかかっていた曲がシンクロしている件

僕にとって1995年は激動の1年でした。
正月に、4年間付き合っていた彼女にフラれたところから1年が始まった。
ショックで引きこもっていたいたら、阪神淡路大震災が起きた。
大学の卒業式の朝、オウムの一斉捜査があり、4月に就職し、異例の早さで店長候補になったと思いきや…
父が末期がんになり、急遽、家業を継ぐことに。

しかし、取引先との契約更新が上手く行かず、しかも、突然返ってきたボンボンが「今日から社長です!」なんて言っても社員からは総スカン、ストレスで盲腸になり秋に入院。
盲腸なのに3週間も入院するという異例の事態に(笑)
治療ミ…いやいや多分、そんな事はないと思う(笑)多分…

退院してすぐに父が死去。

とまあ、色々あった1年で、体感的には5年くらいに感じた1995年でした。
その時に、自分を支えた曲が、TOKYO No.1 SOUL SETの「黄昏 ‘95?太陽の季節?」という曲。

そして、その今日に使われていた元ネタの曲が、僕が生まれた1971年にリリースされたこの曲です。

縁を感じるよね〜

The Isley Brothers

「Love The One You’re With」

青春を感じる名曲です!

 

まだまだ人生を楽しい出来事で染め上げまっせ!

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行