*

マンガの世界にしかいない、でも確かに存在した女性教師

今日は、僕がお世話になった恩師のことを書きたいと思います。
言っておきますが、今日の話はすごいよ。
「マンガの話だろ!」ってくらいぶっ飛んでいますが、事実なのです。

僕が高校生の時の担任のH先生はだいぶ変わった人でした。
当時50代前半の女性教師だったのですが、とってもオカルト好きで、その才能が教育現場のいたるところで生かされていました。

例えば、進路相談の三者面談。
僕と母とH先生の三人で、偏差値30の僕の将来を話し合うのですが、僕の進学したいという願望に先生は反対でした。
理由は、「私の経験上、偏差値30から進学した生徒はいない」というもの。
そりゃ嘘だろ(怒)って反論したら、ニヤリと不敵な笑みを浮かべ、仰々しく包まれた風呂敷から何やら光る物体を出してきました。

目を疑いましたが、そこにはまぎれもない水晶球があった。

一瞬、僕も母も言葉を失い、嫌な予感がしました。

全盛には3つの坂があるといいます。
「上り坂」「下り坂」…そしてもう1つは…

「まさか」

その「まさか」です。

「私ね、水晶球占いには自信があるの。これまでも、これで教え子の進路を占って大成功したのよ。晋也君にピッタリな職業を調べておいたの。」

何!?

 

政治家?弁護士?医者?コンサルタント?芸能人?

 

先生の口から出た職業は、母の生命力を奪うには、そして僕の堪忍袋の緒が切れるには十分なものだった。

 

 

「水兵さんよ」

 

泳げねぇし(怒)

201005250806017b0

その他にも珍指導はある。
用事があって3階にある音楽準備室に行きました。(音楽の先生だったのです)
ノックをして入ると、窓際に立つH先生がいました。
「あの?」と声をかけると、「しっ」と会話を遮られました。

何をしているのだろう?と覗きこむと、校舎下を神妙な表情で見ながら「手かざし」をしていました。
そう、彼女は手かざしの達人なのです。
教え子が怪我や病気の時に、手かざし治療をしてくれることで有名でした。

まさか、校舎から生徒でも落ちたのか?と慌てて窓の下を見ると…

タバコをふかす同級生の姿が(笑)

結局、そいつは別件の喫煙事件で退学処分になったのですが、H先生は優しい方なので、卒業文集に生徒一人一人へのメッセージを書いてくれ、そいつへの言葉もありました。

「煙とともに消ゆ高校生活」(笑)

今、そんな指導をしたら大問題になると思いますが、当時はまだ時代がヤンチャだったので、それを話題に美味しい酒、いや、美味しいコーラを飲みました。

いい時代だよね?

H先生、元気かな??

今度、僕の将来を占ってもらおうかな?(笑)

それでは引き続きGWをお楽しみください!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して