*

事業領域を絞り込み、その他を捨てると入ってくる…「真空の法則」とは?

おはようございます。
一気に春っぽくなってきましたね。
なんだかワクワクします。

さて、今日は「辞める、捨てる勇気」が新しい世界を創りだすという話です。
別に今の商売を辞めるという意味ではなく、顧客の絞り込みをしたり、事業分野を再構築する場合にも言えます。

20091223064411-64-211_raw

捨てる領域を決めると、生きる領域が生まれる

以前に「真空の法則」というのを聞いたことがあります。
ご存じですか?

別に学術会で認められた法則ではないのですが、要するにこういうこと。
例えば、突然、会社をやめざるを得なくなったとします。
「どうしよう、どうしよう…」ってなりますよね?
新しい世界に飛び込まざるを得なくなって、これまでの世界を手放したときに、ある種の「真空」が出来る。
そうすると、そこに一気に空気が流れこんでくる。
空気、というのは、その人を求める新しい人たちのことです。

そういう経験はありませんか?
自身になくても、友人などでそういう人はいませんか?

「法則」と名が付くには理由があり、そうなるための要件があるはずです。
僕の考えですが、それは、自分が進むべき「道」を選んだ時だと思います。
道、というのは自分が、「何をもって」「誰のお役に立つ」「何者なのか?」が明確になった状態です。

僕が尊敬する福島明美さんという女性がいます。
地域のボランティアをつなぐ「ボランティアセンター」という行政施設で働いていました。
もともと活発&革新的&おてんば(笑)な方ですので、行政の空気に合わなかった。
で、辞めざるを得なくなった。

その時、彼女は「食う」という目の前の課題もあり、相当に戸惑いました。
そのために一般企業に就職することも検討しましたが、やっぱり自分の道ではないと思い、踏みとどまりました。
自分が培ってきたノウハウ・経験を生かして起業することを決意した瞬間…
その瞬間です、真空に空気が飛び込んできたのは。

どこから嗅ぎつけたのか、教育機関…大学からオファーが来ました。
聞いてみたら、誰かが紹介したそうです。
単なる転職ではなく、自分の道を生きる人を放っておけない応援者が、「その方向」へ導いたということ。
大げさな表現ですが、「天が動かした」というのが僕の実感です。

そこに就職し大活躍、今では書籍を出版するほどにビッグになりました。
まあ、僕にとってはいまだに近所のおばちゃんなんだけどね(笑)

「何をもって」「誰のお役に立つ」存在なのか?を考える

企業に話を移します。
小さな企業は、事業の選択と集中が必要だと言われます。
これまでの「何でもやる」という発想ではなく、自社がやるべきことに絞り込むという発想で、事業をある領域に集中する。
それは逆にいうと、捨てる領域があるということです。

集中する領域の選択は、成長性があるかどうか?という検証も必要ですが、もう一方で自社の経営資源が活きるか?という視点が大切です。
それは合理性の面からもそうなのですが、人の才能と同様に、企業の才能である経営資源を活用するというのは、天が望む「あるべき姿」なのだと思います。

ターゲットを絞り込む。
事業をある領域に集中する。
社員個々の才能を活かし切る。

そこには集中とともに、捨てる領域があり、そこに真空が生まれるのだと思います。

人も企業も、領域の選択と集中が必要な時代です。
「何をもって」「誰のお役に立つ」存在なのか?

ゆっくり考えてみるのもいいかもしれませんね。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

また明日。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して